業務内容

税金 - 消費税指導

記帳確認、中間決算、消費税に関する個別指導会

消費税は「一般(本則)課税制度」と「簡易課税制度」の2種類があり、税金の計算方法がことなります。
また、一般課税の場合、領収書の保存や帳簿の記載が必要であり、簡易課税の場合は、売上の事業区分が複数ある場合は、その区分の売上を記帳、集計する必要があります。

また、条件により還付申告となる場合もあります。
なお、消費税の課税事業者の時とそうでない時で課税売上高の計算方法が異なります。

ページトップへ
f