「やよいの青色申告」旧製品をご利用の皆様へ

メールマガジン

消費税に対応した記帳方法3

超簡単!税情報 2004年11月14日発行(第122号)

===================================

   □□□「超簡単!税情報 初心者のための税のいろは」□□□


発行元:社団法人 杉並青色申告会 2004/11/14 No122   読者数:4097
http://www.aoiro.org/

===================================

皆さん、こんにちは。やっと秋らしい日が増えてきました。先週、当会を含め
た税務懇話会で「税を考える週間」に併せてチャリティーバザーを開催しまし
た。今年も大盛況で予定通り完売しました。収益金は杉並区社会福祉協議会に
寄付されます。また、11月19日には「証券税制説明会」を開催します。

http://www.aoiro.org/shouken.html
ご興味のある方は是非ご参加下さい。会員、非会員を問わずどなたでもご参加
いただけます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃■身近な税の話   「消費税に対応した記帳方法3」         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

前回に引き続き、先日開催した「消費税記帳方法説明会」の内容をご説明いた
します。今回は「簡易課税」の記帳方法です。
 
───────────────────────────────────
簡易課税に対応した記帳方法 
───────────────────────────────────

簡易課税は、下記の方法で納付する消費税額を計算するため、それに併せた記
帳が必要です。
 
「納付する消費税額」=「売上に係る消費税額」-「仕入等に係る消費税額」 
 
「売上に係る消費税額」=「1/1~12/31の課税売上高(税込み)」×5/105
 
「仕入等に係る消費税額」=「売上に係る消費税額」×みなし仕入れ率(注1)
 
(注1)みなし仕入れ率は事業区分ごと定められています。

<第1種事業>
卸売業等 みなし仕入れ率:90%
 
<第2種事業>
小売業 みなし仕入れ率:80%
 
<第3種事業>
製造業、建設業等 みなし仕入れ率:70%
 
<第4種事業>
飲食業等 第1・2・3・5種事業に当てはまらない業種 みなし仕入れ率:60%
 
<第5種事業>
サービス業、不動産貸付業等 みなし仕入れ率:50%

 
(1)「売上」の記帳方法
 
課税売上と非課税売上を分けて記帳します。摘要欄に「課税」「非課税」の別
を記入すると良いでしょう。また、課税売上を事業区分により第1種事業から
第5種事業に分類して記帳します。
 
例1)10/18に課税商品Aを現金52,500円(内税金2,500円)で消費者に小売りした。
例2)10/20に課税商品Aを現金105,000円(内税金5,000円)で事業者に卸売りした。
例3)10/21に非課税商品Bを現金40,000円(非課税)で販売した。 
 
                 現 金
 
日付    摘   要      借  方   貸  方   差引残高
 
10/18   売上 商品A     52,500円           ×××
10/20   売上 商品A     105,000円           ×××
10/21   売上 商品B     40,000円           ×××
 
 
                 売 上
 
日付    摘   要      借  方   貸  方   差引残高
 
10/18   現金 商品A(第2種)          52,500円   ×××
10/20   現金 商品A(第1種)         105,000円   ×××
10/21   現金 商品B(非課税)          40,000円   ×××
 
       10月合計               197,500円
       10月第1種合計            105,000円
       10月第2種合計             52,500円
       10月非課税合計            40,000円
 
(2)「仕入れ」「経費」の記帳方法
 
簡易課税においては、「仕入」「経費」等の課税仕入れに関する記帳は従来ど
おり所得税に対応した記帳方法で問題ありません。

───────────────────────────────────
 
Q.豆腐屋を営んでいます。製造した豆腐は小売りし、仕入れたこんにゃく等は
卸しや小売をしています。第1種、第2種、第3種事業になると思います。今は
売上の区分を行なっていません。行なわないと不利益はありますか?
 
A.事業区分を行なっていれば、その事業区分ごとにみなし仕入れ率を適用しま
すが、区分を行なっていない場合は、一番低い区分でみなし仕入れ率を適用し
ます。例えば第1種の課税売上が630万円、第2種の課税売上が420万円、第3種
の課税売上が210万円で合計1,260万円だとすると、

<区分できている場合>

630万円×5/105=30万円(第1種事業の売上に係る消費税額)(1)
420万円×5/105=20万円(第2種事業の売上に係る消費税額)(2)
210万円×5/105=10万円(第3種事業の売上に係る消費税額)(3)

30万円(1)-30万円 ×90%(第1種みなし仕入れ率)=
3万円(第1種課税売上の納付税額)(4)

20万円(2)-20万円 ×80%(第2種みなし仕入れ率)=
4万円(第2種課税売上の納付税額)(5)

10万円(3)-10万円 ×70%(第3種みなし仕入れ率)=
3万円(第3種課税売上の納付税額)(6)

3万円(4)+4万円(5)+3万円(6)=10万円(消費税納税額)

<区分できていない場合>

1,260万円×5/105=60万円(売上に係る消費税額)(1)
60万円(1)-60万円×70%(第3種みなし仕入れ率)=
18万円(消費税納付税額)
 
区分できているかいないかで18万円-10万円=8万円の納付税額の差があります。

───────────────────────────────────
 
次回はに帳簿や領収書の保存等についてお話します。

===================================

社団法人 杉並青色申告会とは
http://www.aoiro.org/

東京国税局長より設立許可を受けている公益団体です。
役員は会員の中から選ばれ、ボランティアで会の運営にあたっています。
会員の疑問や相談に応じるため事務局に職員をおき、
税金問題をはじめ、様々な相談に応じています。
主な会員層は小規模事業者であり、記帳指導をはじめ、
税務・法律・経営・金融・労務ほか旅行・共済などの福利厚生事業も
幅広く行っています。

■個人情報の取扱いについて
ご登録いただく個人情報は当会が責任をもって管理させていただきます。
当会は原則として、法律などによって要求された場合を除き、
個人情報の開示は行いません。

■このメルマガはいつでも配信中止が可能です。こちらからお願いします。
http://www.aoiro.org/magazine.html

■感想お待ちしております
「超簡単!税情報」・ホームページへのご意見ご感想をお待ち致しております。
青色申告会に対する要望なども結構です。
また取り上げてほしい話題などございましたら
下記のアドレスまでお願いします。今後の参考とさせていただきます。
info@aoiro.org

■質問について
内容によりメールによりご質問を頂いてもお答えできない場合がございます。
また、内容や時期によりすぐにお答えできない場合があります。
予めご了承ください。

===================================
発行者

発行:社団法人杉並青色申告会  編集:HP委員会
東京都杉並区阿佐谷南3-1-26
03(3393)2831
http://www.aoiro.org
info@aoiro.org

───────────────────────────────────
Copyright(C)(社)杉並青色申告会 2002 掲載記事の無断転載を禁じます。

記帳一覧に戻る

ページトップへ
f