決算申告指導・申告相談事前予約
当会でマイナンバーカードの申請ができます。

よくある質問

勘定科目

新型コロナウイルス感染症等の影響により、いろいろな給付金や助成金を受け取りましたがどのように記帳すればよいですか?

「雑収入」で記帳してください。申告時の取扱いは所得税については課税所得、消費税については非課税所得になります。

普通預金 1,000,000 / 雑収入 1,000,000

主な給付金・助成金
  • 持続化給付金(但し、給与所得者の場合は「雑所得」となります。)
  • 家賃支援給付金
  • 感染拡大防止協力金
  • 雇用調整助成金

質問項目に戻る

10万円の特別定額給付金は記帳が必要ですか?

個人への給付金になり非課税となりますが事業用の通帳に振り込まれた場合は「事業主借」で記帳してください。記帳をしていない個人の通帳に振り込まれた場合は記帳の必要はありません。

質問項目に戻る

預金の利息はどのように記帳すればよいですか?

「事業主借」で記帳してください。
普通預金 100 / 事業主借 100

質問項目に戻る

事業用通帳から生活費を引き出しました。記帳の必要はありますか?

預金出納帳と通帳の残高が一致しなくなるので必ず、記帳を行ってください。
勘定科目は「事業主貸」です。

事業主貸 100,000 / 普通預金 100,000

質問項目に戻る

現金出納帳の残高がマイナスになりました。どうすればよいですか?

事業主が個人用の現金から借りて事業用の現金を増やします。勘定科目は「事業主借」です。

現金 100,000 / 事業主借 100,000

個人事業主は事業用と個人的な現金の区分が難しいこともあるかと思いますが本来、現金出納帳の預金残高と実際の事業用の現金残高を突き合わせることが大切です。そのためにも事業用と個人用の現金を区分し、その入出金を現金出納帳に記帳しましょう。

質問項目に戻る

クレジットカードで事業に関する経費を支払っています。どのように記帳すればよいですか?ちなみにクレジットカードはプライベートでの買い物にも使用しています。

①カードを使用したとき②預金から引落があったときの2回の記帳が必要になります。
①カードを使用したとき
9月1日 消耗品費 未払金
20,000 20,000
9月10日 通信費 未払金
10,000 10,000
9月25日 水道光熱費 未払金
5,000 5,000
9月30日 消耗品費 未払金
10,000 10,000
②預金から引落があったとき
10月25日 未払金 普通預金
45,000 45,000
事業主貸 普通預金
55,000 55,000

 

経費の合計金額を算出、未払金として記帳して、以前発生した未払金を相殺します。プライベートの買い物については「事業主貸」で記帳します。

質問項目に戻る

ページトップへ
f